二重まぶた埋没法60,000円(保証なし)・80,000円(保証付き) ※税抜価格(別途消費税が必要です。)

松林先生がお勧めする目元形成術

目は顔の心象に大きく左右します。
目元が変わるだけでずいぶん雰囲気が違ってきます。その人の印象を決める重要なポイントです。 ひとくちに目元の手術と言っても10数種類の手術項目があります。一重瞼を二重瞼にしたり、瞳を大きくしたり、切れ長の目をつくったり、加齢に伴う目元を若返らせたりと、簡単に糸で留める方法から、高度な技術を要する手術まで多種多様の手術ができる部位です。 また、美容整形のご相談で一番多いのは目元に関することです。プチ整形と呼ばれ、簡単にできる印象をお持ちの方も多いでしょう。しかし、手術は、医療行為です。敏感なお目元を何度も繰り返し手術を行うということは、お勧めできません。
ご自分の希望をしっかりお伝えください。じっくりあなたのお目元に適した術法について一緒にお話しいたしましょう。あなたのご希望に副えるようにたくさんのメニューと確かな技術力でお待ちしています。

二重をつくる

埋没法
メスを使わず髪の毛より細い糸で二重のクセづけをします。手術時間は10分程度。腫れもほとんどありません。誰にも気づかれず、自然な目元になれます。但し、瞼の状態によっては、ラインが消失する場合もあり、永久ではありません。また、繰り返し埋没法を受けられている方には、切開法が適している可能性があります。
埋没法+脱脂
埋没法で二重を考えているが、瞼が厚くクセがつきにくい方は瞼の脂肪を取ってあげることで、希望のクセをつけることができます。




小(中)開法
埋没法が外れた事がある方や確実にラインを定着させたい方は、小(中)切開法がお勧めです。瞼の筋肉と皮膚を縫い合わせます。傷は15㎜~20㎜程度。殆ど目立たなくなります。
全切開法
埋没法、部分切開法で二重のラインがつきにくい方やはっきりした平行型のラインを希望される方に適しています。目頭から目尻まで切開し、パッチリとした二重をつくります。

瞳の形をかえる・目を大きくする

目頭切開術
目頭側の「モウコヒダ」といわれる皮膚のつっぱりがあることで、目が小さく見えたり目が離れて見えたりします。「モウコヒダ」を切開すると、切れ長の目の大きな目元を作ることができます。
術法は多種あります。ご質問の多い、W法(内田法)、Z法もたくさんの症例を行っています。
目尻切開術
目の幅が狭く中央に寄った感じの目元の方は、目尻粘膜を切開し印象を変えることができます。たれ目の方も目尻を切開することでシャープな目元を作ることができます。


眼瞼下垂修正術
眠たそうな目、目つきが悪い目、瞼が窪んでいる、額にシワが寄る、肩こりがひどい等は、すべて眼瞼下垂が原因かもしれません。これは、瞼を開ける筋肉が緩むことで起こる症状です。眼瞼挙筋肉を縫い縮めることで症状を緩和できます。日本人にはこの症状を持った方が多いといわれています。
脂肪注入法
窪んだ目元は老けて見えがちです。自分の不要な脂肪を吸引して上瞼に注入し、ふっくら若々しい目元をつくります。注入時の傷跡は残りません。



目元の若返り

上眼瞼切開術
若い頃に比べると目尻が下がってきた、目が小さくなってきたと感じる方は、たるみがでている上瞼を切開して余分な皮膚を取り除くことで、若々しく明るい目元をつくります。
眉下切開術
もともと二重で昔のような二重に戻したい方や腫れたくない方、もともと皮膚が厚ぼったい方などは、眉下切開法がお勧めです。眉のラインで切開をするので、傷は殆ど目立たなくなります。
下眼瞼切開術
加齢により目の下がふくらみ、タルミが出ると、疲れている印象や老けた印象を与えます。たるんだ余剰皮膚を切り取ります。また、ふくらみが気になる場合は脂肪も一緒に取る方法もあります。まつ毛の際に沿って切開するため、傷は目立ちません。
粘膜側脱脂術
皮膚のタルミがなく、脂肪が下がってくることで目の下が膨らんで老けた印象の方は、下瞼の粘膜側より切開し脂肪を取る方法です。表面に傷は一切の残りません。


その他

埋没糸抜去術
埋没法で手術した方が、「糸が気になる」「ラインを変えたい」「糸が出ている」「眼球への違和感が強い」など、気になる症状がある場合、糸をとる術法です。但し、長い年月は入っている糸は組織に埋まり込んだり癒着していたりすることがあり、抜去できないこともあります。
無料メールカウンセリング実施中! ! お電話でのお問い合わせは0120-566-595 朝9時半~夜7時半 年中無休・完全予約制
こちらからお問い合わせ下さい。
お名前(
ご年齢(
メールアドレス(
お電話番号
お住まいの都道府県
性別( 女性  男性
ご質問・備考
お問い合わせの内容は、個人を特定できないように配慮した上で、
当院ホームページ「新着のQ&A」に掲載させていただく事があります。